キャバ嬢が同伴でしてはいけないこと

キャバ嬢に同伴はつきものです。
お店によっては同伴のノルマがあるところもあるみたいですね。
同伴も仕事の一部ですから当然お客さんに失礼があってはいけません。
それとは別に自分の身を守るためにいくつかしてはいけないことがあります。

お客さんの車に乗る

お客さんの車に乗ってはいけません。
お客さんは同伴のお店まで車で行こうと言ってくることがあります。
本当はただ車を自慢したいだけかもしれません。
しかし、一度、車に乗ってしまうと、ホテルや遠くの知らないところに連れていかれてしまうかもしれません。
トラブルを避けるためにお客さんの車には乗ってはいけません。

個室に行く

>お客さんと2人きりで個室に入ってはいけません。
他の人の目がある場所では理性的な行動をとっている人でも、他人の目が無い場所では豹変するかもしれません。
男性が力ずくで何かをしようとするとこれを止まさせるのは難しいです。
トラブルを避けるために個室に入るのはやめましょう。

お客さんが選んだ店に行く

お客さんが選んだ店に行くのは止めましょう。
多分、自分が知っている、とっておきのお店に連れていきたいんだと思います。
しかし、万が一、お客さんとそのお店がグルだった場合、抵抗のしようがありません。
これもトラブルを避けるために止めたほうがいいでしょう。

同伴トラブル

他にも同伴で色々なトラブルが起きているようです。
ツイッターなどに情報が流れているのでご存知の方もいるでしょう。
同伴に行って食い逃げされた。
同伴に行って時計を盗られた、財布を盗られた。
ノルマがあるから、よく知らないお客さんとでも同伴に行かなければならない事情はよく分かります。
しかし、そういう場合でも最大限の用心をして、自分の身を守るようにしてください。